【危険】今すぐ運送会社を辞めたい時の落とし穴とは?

トラブルを避けながら、きっちり運送会社を辞める時の流れです。今すぐ運送会社を辞める方法もわかります。

トラック運転手

 

今すぐ運送会社を辞めたい!

しかし、退職時にトラブルになる事例も多く、このことを知らないと大損することがあります。

運送会社の退職者は、大手運送会社だけでも年間1万人を超えます。

それだけ退職、転職の多い業種ということです。

 

運送会社を数日で辞めたい

面接→話と違う→運送会社を辞めたい!

ショートメールで「辞めます」と、会社の採用担当の名刺の番号あてに送信、または電話で「辞めます」と伝える。

書類、健康保険などの手続きも整ってない段階であれば、このように簡素にやめる方法で大半はやめられます。

揉めそうな感じであれば、退職代行を利用してやめることができます。

->退職代行とは?

 

 給料が支払われない場合

例えば3日くらい働いていて、その分の給料をちゃんと支払ってほしい場合

タイムカードか、日報を写真でとっておく【何時から何時まで働いていたかの記録】

退職後、給料日に会社が給料を振り込んでないとしたら

労働基準監督署に証拠の写真を持って「私は3日働いたんです。でも会社が給料を払ってくれませんでした。」と相談に行く

労働基準監督署が会社側に注意する

お金が振り込まれる

 

長年勤めた運送会社を辞めたい

何年か働いて「自分が望んでいる車に乗れない」、今の会社を辞めて違う会社に転職したい。

その他の理由でとにかく会社を辞めたい場合は会社を辞めるのが非常に気まずいんですよね。

何年も働いていると気心も知れてきますし、あなたの会社での役割もできている状態なので会社が困るだろうな・・・と感じることがあります。

世話になったこともありますので、こちらから会社を辞めると言うのが、気まずく感じることもあるでしょう。
それでもあなたの人生の方が大切ですので辞めたいと思ったら止めたら良いです。

続けたくない仕事を無理に続けて、低いモチベーションで事故などを起こしてしまうリスクも高まります。

そうなってしまうとかえって会社にも迷惑をかけてしまうので、やめたいと思ったら自分の気持ちに正直に退職しましょう。

 

退職届けと有給休暇の消化

会社を辞める流れ

有給休暇が残っている場合は、その残り日数を事前に確認してください。給与明細に記載されてない場合は、経理などに有給残日数を確認しておいてください。

退職届を事前に準備します。退職届は「一身上の都合により退社」と紙に書いて渡しせばOKです。そこに、例えば「2020年3月20日を退職日とする」と記載します。ハンコを押したら退職届の完成です。

あなたの有給が10日残っている場合は、その有給も計算に入れて退職日を決めます。
有給休暇を消化した上で退職する段取りにします。

このやり方や退職届などの作り方がわからない場合は、テンプレート付きで退職の流れをサポートしてくれるサービスがありますので、それを利用すると明日からでも即日退社可能です。

->退職代行SARABAの使い方

 

 

就業規則(社則)の確認

会社に就業規則(社則)があり、大抵「1ヶ月前に退職の意志を伝えて引き継ぎを完了させる」などと記載されています。

しかし、法律は「2週間前(14日前)」に退職を申し出れば、最悪でも2週間後(14日後)には辞められるルールになっています。

ここで揉める場合で、あなたが直接交渉しても埒が明かない場合は、「退職代行」を利用すると即日会社をやめることができます。

もし、会社があなたを引き止めてきたり、トラブルに発展しそうな場合は退職に関する専門のサービスを利用することで、今すぐ会社をノーストレスで辞めることができます。

特に威圧的、高圧的にされた場合は、感情的になってトラブルになることもあるので、専門家に任せたほうが良いことのほうが多かったりします。

「辞めたいけど、どうしよう・・・」と迷っている場合も、LINEかメールであれば365日24時間、無料相談できます。それで「今すぐ退職したい」と決心したら、正式に依頼することができます。

-> 退職代行で即日会社をやめる

 

タイトルとURLをコピーしました