【図解】トラック運転手を今すぐ辞める方法とは?

トラック運転手

トラック運転手を今すぐ辞める方法の解説です。

大手運送会社の1年間の退職者数は1万人以上います。

それだけ頻繁にトラック運転手をやめる人がいるということです。好条件の会社に転職したほうが、より高待遇になる人が多いのもその理由です。

 

トラック運転手 すぐ辞める流れ

トラック運転手をすぐ辞める流れです。

会社を辞める流れ

自分で退職する場合は、会社に「退職したい」と言います。
引き継ぎが必要なら行います。

離職票などの受け取り、保険などの手続きが行われます。退職日になればトラック運転手をやめられます。会社に頼めばもっと早くやめることもできます。

また即日退社したいけど、会社とうまく交渉できない場合は退職代行を利用すると今すぐ会社をやめることも可能です。

【知らなきゃ大損】退職代行で即日会社をやめる流れとは?

 

すぐに転職する場合

すぐに転職する場合は、転職先に必要書類を提出するだけです。

転職に時間がかかりそうな場合は、離職票を持ってハローワークに雇用保険の申請手続きをします。自分から会社をやめる場合は「自己都合退職」。

会社が倒産したり、不況のための人員整理であなたが会社をやめる場合は「会社都合退職」と離職票に記載されます。

 

自分で会社を辞めづらい場合

会社を今すぐ辞めたいが、引き止められてやめられなくて困っている。
有給休暇を使ってそのまま会社を辞めるのが気まずい。

そんな場合は退職代行を利用すると、即日退社も可能です。今すぐ辞めたい。
でも、辞められなくて困っている場合は下記の即日退職の方法も合わせてご参考ください。
↓ ↓
【知らなきゃ大損】退職代行で即日会社をやめる流れとは?

タイトルとURLをコピーしました