【衝撃】退職代行はGW(ゴールデンウィーク)が1番利用される!

GW(ゴールデンウィーク)明けに会社を退職代行辞める人が急増しています。

5月はバックレ退社が増える時期でもありますが、なぜ辞める人が増えるのか?

統計データも含め、退職する理由を分析しました。

gw 退職代行

退職代行のGW(ゴールデンウィーク)

GW(ゴールデンウィーク)明けに、辞めたい会社にまた通勤しなければならない・・・

5月病の気持ちのダウンと連休の気持ちのアップも重なる反動から退職代行利用者数が激増します。

通勤するサラリーマン

また、GW明けは、特に新入社員を中心に会社を無断欠勤したままバックレてしまう人が増える時期でもあります。

人材派遣会社のネット調査の統計で、約8割のサラリーマンが「3連休以上の休み明けに仕事に行くのが辛い」と答えました。

また「朝目覚めた瞬間が辛い」が最も多く、「出社の準備をしている時」、「出社した時」、「満員電車に乗った時」が特に辛い・・・という回答がでました。

 

ゴールデンウィーク明けの退職代行

退職代行

退職代行とは、会社を辞めたい本人に代わり退職の意志を会社に伝え、退職届や社員証の受け渡しを郵送で完了させて「最短即日」で、もう会社に出社する必要がなくなるというサービスです。

退職代行の利用者数は「GW」期間がもっとも利用者が増える時期です。また、3連休以上の連休明けの期間も利用者が増えます。月曜日の利用者も増える特徴があります。

また、退職代行に「夜の22時以降から朝の時間帯」の相談も増えています。夜勤明けや残業明けの時間帯の相談が多いのがその理由です。

そのため、退職代行各社は「365日、24時間」無料で相談できる窓口をLINE、メール等で設けています。

 

比較式「退職代行」の選び方

 

 

GW明けは会社をやめたくなる

やはりGWは「深刻に会社を辞めたい」と考える人が増える時期で、退職を決意する人も増えます。

不思議なことに、サービス業の従業員の方が「夜勤明け」に退職代行を利用することの多い時期でもあり、4月頃からGW明けまでの時期は特に退職する人が増えます。

退職代行GW

GWに会社をやめたいと考えるのは、結構「普通のこと」で退職代行で会社を辞める人もとても多い時期なのです。

 

4月1日からGWにかけて退職代行利用者が急増

新入社員だけではなく、4月1日に有給休暇が新しく付与されるタイミングもありベテランの社員も4月1日からGW明けにかけて退職する人が増えます。

5月は、5月病でうつ状態で会社を辞める人も急増します。

退職

GWが、最も退職代行利用者が増える時期で、GW明けが退職代行利用者数のピークになりますが、基本的に「休み明け」は大型連休に関わらず退職代行の依頼が増えます。

続けて通勤している方が精神的に負担が軽いという不思議な側面があるからです。休んでから再び辞めたい会社にまた通勤して、モチベーションの低い状態で働くことが最もツライのです。

退職代行は、休日明けの「月曜日」の依頼が多いという特徴がありますが、通常の退職もまったく同じです。会社を休んだ後に、また会社に通勤して働くのが辛いと感じるのは「普通」なことです。

しかし、それが度をすぎるほどツライ場合に無理に仕事をすると、会社を辞めたくても辞められないという地獄のような状態になってしまうリスクがあるので注意が必要です。

 

鬱状態になると会社を辞められなくなる

うつ状態になり、自分で会社をやめようと思っても、「会社と交渉する気力がもう無い・・・」という人も沢山います。

会社を辞めたい

最悪、自ら命を断ってしまったり、そのまま無理に働いて過労死してしまう方もいます。。

もし、あなたが1人で「どうしようか・・・」と思い悩んでいる場合は、精神が深刻な状態まで病んでしまう前に、退職代行に相談すると、実際に正式依頼しない場合でも気持ちがかなりスッキリします。

 

365日24時間無料相談の詳細

退職代行サービスはGW期間も含めて、24時間365日いつでも無料でLINE、メールから相談することができます。

gw犬の写真

ブラック企業で給料が安く働く気力がわかない。残業代がサービス残業になって支払われない。人手不足で忙しすぎる上に、辞めたいのに簡単に辞めさせて貰えない。パワハラ上司で直接辞めると交渉するのがしんどい・・・

上記のような場合も、退職代行を利用すればストレスなく会社をやめることができます。会社に出社することも、代行サービスの窓口に出向く必要もなく「自宅に居ながら」日本全国どこからでも、スムースに退職することができます。

「もう会社に行けない・・・無理だ・・・」と思った場合は、1人で悩む時間を長引かせないようにしましょう。

また「バックレ退社」ではなく、退職代行でスッキリ退社すると気持ちがスッキリします。早めの相談がおすすめです。

どのような流れで、退職代行を選び実際に依頼するのかをわかりやすくまとめました。こちらも合わせてご参考くだっさい。

>> 目的別「退職代行」の選び方

タイトルとURLをコピーしました