【ヤバい】満員電車のコロナ対策【裏技暴露】

コロナで満員電車に乗って通勤するのが超苦痛!

満員電車

対策を知らないと、電車で普通に感染してしまう。コロナで会社休みたい。会社行きたくない!

 

そこで裏技があります!

なんと健康保険加入者であれば、誰でも今すぐ実行できます!

満員電車のコロナ対策

ドア付近は感染リスクが3倍という報告があります。

そのため、ドア付近を避けることは満員電車のコロナ対策になります。

満員電車 エアロゾル感染

窓際の位置は、ドア上部の空調の気流にウイルス飛沫が乗って流れるので、1番リスクが高いわけです。

また、電車の「窓」を開放し「換気」が重要です。三密を回避するためには必須です。

JRでは現在「換気走行」を実施中です。

 

満員電車は密集するリスクが避けられない

しかし、満員電車は乗り合わせた人と「至近距離」になります。

→そのため、どうしても感染リスクはゼロにできません。

 

新型コロナは感染したら肝臓が壊れたり、味覚、嗅覚が元に戻らないなど肺炎以外のリスクが報告されています。

中国の医師、二人が黄疸のように肌の色が変色したと台湾で報道されました。

顔色が変わった人

 

健康は一生の財産です。目先の収入よりも、健康のほうが大事だと私は思いました。

 

そこで、裏技です。実際この方法を今現在「実行中」です!

会社員であれば誰でもできます!

 

会社をやめる

この機会にわたしは完全に自宅待機することにしました。

会社は満員電車でも通勤しろと言うので、もうここでは働きたくないと思いました。

会社を休みたい!行きたくない!!

 

そして、『自由度の高い仕事に転職したい!』と思いました。

 

そのため、会社をやめて自宅待機し

『コロナが終息するまで休む』&『騒動が落ち着いてから転職する』

ことにしました。

 

この方法であれば満員電車そのものを避けることができます!

 

コロナ対策としては最強です。

 

しかし、お金がないと不安ですよね。

もちろん裏技を使えば大丈夫です!

 

 

貯金がなくても大丈夫!

お金がなければ安心して退職できませんよね?

そこで、わたしは

→『傷病手当給付金

の制度を利用しました。

 

この制度を利用することで、最大24ヶ月手当を受け取り可能です。

→ お金の心配なく安心して生活できます。

 

おかげで、貯金が全然減らないので、貯金ゼロの方も安心です!

 

手当は銀行口座に自動振込!

この傷病手当は銀行口座に自動振込されます。

手当

わたしも1年半年、傷病手当の給付を受けてました。

また今回、コロナ対策として会社をやめるタイミングで現在「給付」を受けています。

 

今現在、「傷病手当」を受給し「会社退職後」の生活費を安定して得ています。

→ 最大で2年受給できます。

生活保護とは異なり、審査も簡単で誰にもバレません。親にも親戚にも通知などはなく、自分だけしかわかりません。

 

健康保険に加入していれば「受給対象者」です。

 

傷病手当を申請すれば、その後誰かに報告したりする義務などもなく完全に自由です!

 

傷病手当の受給資格

年齢が20歳~54歳
退職日が本日から『30日以上、90日未満』
[例]1/15申し込み場合…
①1/31退職予定の方は30日きってるためNG、②4/31退職予定の方は90日を超えているためNG、③2/15~4/15退職予定の方はOK
・現時点で転職先が決まっていない
・社会保険に1年以上加入している(保険証参照)
・使用可能な有給日数が4日以上ある

引用: 社会保険給付金サポート

上記に当てはまる方は、傷病手当の受給資格があります。

わたしの場合は、前回の受給時も今回の受給時も「自分で申請するのは大変」ですので、社会保険給付金サポートを利用しました。

はじめて利用する場合も、手当を簡単に受け取ることができました。

例外で利用できるケースもありますので、問い合わせてみてください。

 

社会保険給付金サポート

ホームページから申し込み、メール、チャットで相談しました。

その後、ヒアリングがありますが電話だけでOKでした。
※直接面談や訪問して相談する必要なし

その後、受給開始となりました。

安心して1年~最大2年と貯金がなくても自宅待機できます。

わたしは今、休んでいる間にプログラミングをネットで学習しています。

手当の計算

転職の時に役立ちますし、オリジナルのアプリが作れるので楽しいですね!

 

相談料無料で成功報酬式でトータルで受け取れる金額の10%~15%程度を成功報酬で後から払う

という方式でした。

 

万が一、傷病手当給付金が審査で通らなかった場合は料金無料となるので安心です。

 

あなたも、この機会にゆっくり休み

次の飛躍のチャンスに変えてみませんか?

↓ ↓ ↓

>> 社会保険給付金サポートの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました