【退職方法】正社員型派遣と一般労働者派遣(登録型派遣)の違い【図解付き】

正社員型派遣(常用型派遣) 一般労働者派遣(登録型派遣)

【退職方法】正社員型派遣と一般労働者派遣(登録型派遣)の違い

派遣社員には、「正社員型派遣(常用型派遣)」と「一般労働者派遣(一般派遣・登録型派遣)」がありますが、雇用条件の仕組みがまったく違います。

それぞれの適切な「退職方法」も含めた「違い」が図解で良くわかります。

 

正社員型派遣(常駐派遣)

正社員派遣は直接雇用の「正社員」です。

正社員型派遣(常用型派遣)

正社員として会社に採用されて、派遣先となる会社に通勤して働きます。プログラマーなどに多いです。

派遣契約が終了しても、正社員雇用している図解の「会社A」との雇用関係は継続します。不安定で給料も少ない雇用形態が多く労働法が守られてないケースも目立ちます。

残業代がサービス残業になり出ない。有給休暇を消化できない。給料が安いなどの問題を抱えているケースが非常に多いです。

ただ、実際にやめようと思えば、無期雇用ですので正社員が会社を退職する方法と同じ流れで会社をすぐに辞めることもできます。

【実は簡単】正社員型派遣を辞める方法

 

 

一般労働者派遣(登録型派遣)

一般労働者派遣(登録型派遣)

一般労働者派遣(一般派遣)とは、パソナやリクルートスタッフィングやスタッフサービスなどの派遣会社が有名で、ここに派遣社員として登録することで、派遣会社が派遣先を紹介します。

派遣先と派遣元に仕事の契約が結ばれ、派遣社員は派遣元と雇用契約を結びます。

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月ごとに派遣契約を延長していきます。自給UPやダウン。

派遣先を変えてほしい場合は、このタイミングに合わせて派遣会社の担当者(派遣社員をサポートし派遣先に契約更新時に訪問する)に相談します。

退職もこの契約期間に合わせて行います。長く続ける自信がない場合は、最長でも3ヶ月程度の更新期間で派遣につくと良いです。

「試用期間」があるので「職場が合わない」と思ったら、そのタイミングで派遣契約を延長しないこともできます。

大体、2週間程度のお試し派遣の後、3ヶ月程度の契約をして期間が終わると延長するかどうか聞かれます。辞める場合は、派遣会社の就業規則で「大体1ヶ月前にお知らせください」というケースが多いです。

 

実は一般労働者派遣(登録型派遣)は高待遇

ネットで派遣会社は悪いものだと叩く意見が多いのですが、実際大きい派遣会社のコンプライアンスは、かなりしっかりしていてます。

中小零細企業で正社員やバイトで働くよりも、むしろ登録型派遣(一般派遣社員)として働くほうが「福利厚生がしっかりしている」上に、自給もアルバイトや正社員より専門職の場合とても良いことが多いので、かなり安心して働けます。

有給休暇は取れるし残業代もちゃんと出ます。派遣先の会社がブラック企業でも、派遣社員(一般派遣(登録型派遣社員))だけはホワイトな労働条件で働けます。

さらに厚生年金と健康保険に加入できて、ボーナスが出ない以外に不満が無い人が多いです。派遣先を変えてもらうのも比較的簡単ですし、有給休暇も当然別の職場に、そのまま引き継がれます。

 

【デメリット】一般労働者派遣はすぐには辞められない

一般労働者派遣は、「有期雇用」と呼ばれる、正社員の「無期雇用」と真逆の労働契約です。

この、一般労働者派遣(登録型派遣)の場合、正社員派遣とは異なり「すぐに辞めることができない」ケースがあります。

ここが、一般労働者派遣デメリットと言えます。就業できると高待遇で福利厚生もしっかりしていますし、有給休暇も取りやすく残業代もしっかり得られるのですが、派遣元、派遣先との信頼関係が重要で契約期間はしっかり勤務してプロとして仕事をやり遂げることが求められます。

通用しないとなると契約が打ち切られて次の派遣先が決まらないと、収入が途絶えてしまいます。実力があって年齢が若いほど良いのですが、実力が無いと派遣先が決まらない他、年齢が上がってくるとマッチングが難しくなって仕事につきにくくなって、派遣先と労働条件と時給が下がってしまう現実があります。

長い目で見ると、「年齢が上がってきた時にどうするの?」という部分が大きなデメリットです。ある程度の年齢で正社員になる。または独立するなどの決断が重要になります。

若くて引っ張りだこで、実力がある間はこれほど良い雇用はない反面、中長期でずっとそのまま続けるのはリスクがあると言うことです。

 

一般労働者派遣を即日で辞められる場合

怪我や病気や家庭の事情などで「残りの契約期間」、派遣の仕事をつづけられない場合は、事情をできるだけ早く「派遣会社の営業担当の方」に伝えます。

すると、他の派遣社員を代わりに手配してくれます。

労働法でも、有期雇用(契約期間のある派遣やアルバイトや契約社員)の場合であっても、

大手の派遣会社では日常茶飯事ですので、そんなに責任感を感じる必要はなく、かえって迷惑をかけるようなバックレなどの辞め方だけは避けましょう。契約途中でのバックレは損害賠償請求の対象になります。

民法628条
雇用期間に定めがある場合:当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

このように、民法628条で「病気・怪我・家庭の事情」など、どうにもならない時は、契約途中であっても、すぐに契約を解除し派遣社員をやめることができるとあります。

また、派遣会社でも大手は手慣れているので、正直に事情を説明すればスムースに退職できます。

 

登録型派遣(一般派遣)のデメリット

また、この登録型派遣の場合、バックレ退社などをしてしまうと次の派遣の仕事を紹介して貰えなくなるデメリットもあります。

そのため、担当営業の方に事情をできるだけ早い段階で相談し、どうしたら良いのかを話し合って、派遣先にも迷惑がかからないように対処してもらえるように「素直に相談する」のが1番良いです。

まとめると派遣契約(一般労働者派遣)の場合「バックレ退職」だけは、自分のためにも絶対にやらないようにしてください。

 

 

現実は中小零細のブラック企業の正社員が最悪なケースが多い

一般労働者派遣(登録型派遣)

どうして、一般労働者派遣(登録型派遣)が、中小零細のブラック企業の正社員よりも恵まれているのか?・・・と言えば、そもそも専門職(プログラマー、オペレーター等)の派遣社員は、登録しても「仕事の紹介」をしてもらるのは、実務経験者が優先されるので優秀な人が多いです。

そのため、自然と「高待遇」になりやすいという特性があります。

反対に未経験者の場合、「即戦力」を派遣先で求められる場合、「厳しい」と感じる場合があります。そもそも紹介できる派遣先が少なく、結果的に「干されてしまうリスク」があります。

そのため、未経験から登録型派遣社員を目指す場合は、一度「正社員」や「アルバイト」で実務経験を積んでから登録型派遣で働くと、気楽にステップアップしていけるケースが多いのです。

派遣先で数年間働いて、そのままその職場に正社員雇用されるというパターンも増えています。専門職で働きたい人はミスマッチを減らせる観点からも、実はかなりおすすめだったりします。

 

登録型派遣は歳を取ると厳しい

ただし、長く登録型派遣をつづけて年齢が上がってきてから派遣契約が切れてしまうと「次の派遣先が決まらない」という中長期で考えた時のリスクがあります。

また、ある程度の年齢までは良いのですが、どこかで「正社員」になるか、「独立」するなど踏ん切りを付けないと将来的に雇用に不安を感じることになるので、長い目で考えて数年程度で卒業したい働き方と言えます。

これは、年齢が上がってくると、「どのような雇用形態でもなかなか仕事が見つからなくなってくる」ので仕方がないことと言えます。

特に若い方は、長くても5年くらいで卒業し、「正社員」か「独立」していけるプランとワンセットにして、一般労働者派遣(登録型派遣)という仕組みを期間限定で利用していこうと考えてください。

登録型派遣で通用する「専門的な職業」で、高い時給を得られるほどの実力がある方であれば、正社員や独立後にもしっかりと身を立てることができるようになれます。

それを探すための期間として活用するのはとても良いと思います。雇用条件に恵まれすぎて、「辞め時を逃す」というパターンにご注意という感じです。

 

正社員型派遣(常駐派遣)はブラック企業が多い

正社員型派遣(常駐派遣)の正社員と、一般労働者派遣(登録型派遣)の違い。伝わりましたでしょうか?

正社員型派遣(常駐派遣)

実は、正社員型派遣(常駐派遣)はブラック企業が多いです。短期間でも、最初からおすすめできない働き方です。

これは、単に中小零細も含む会社が、「社員をお客さんの会社に社員を通勤させて働かせている状態」ですので、ブラック企業が異常に多いのが実態です。

また、この雇用形態は「プログラマー」が多いです。

35歳限界説があるプログラマーですが、正社員型派遣で苦しんでいる人がとても多いのが実情です。

この雇用形態(正社員型派遣)で働いて「困っている」「会社を辞めたい」という人の声がSNSでもやたら目立つようになりました。そのため、こちらは問題のある雇用形態と捉えています。

正社員型派遣(常駐派遣)は残業代も出なかったり、有給休暇も取得しづらいなど「労働法が守られてないケース」もかなり多いです。

 

もし、正社員型派遣を「辞めたいのに辞められない」と困っている方は下記の、正社員型派遣を辞める方法をご参考ください。

正社員型派遣を辞める方法

タイトルとURLをコピーしました